【新しい電力スタイル!】PPSのメリットを知ろう

コスト軽減するためには

経営問題の一つに「コスト」があります。紙や資材、機械なども購入するためにコストが掛かります。でも紙や資材は少しでも減らしたり、余った所をリサイクルしたりできます。しかし、電力はどうでしょう。ペーパーレスになっても、機械を省エネタイプにしても、毎日パソコンや機械を動かすために必要です。その電力を現代は節約するのと、もう一つ「小売電気事業者から買う」という新たな選択肢が出てきたのです。「電力を買う」ということを下記で紹介致します。

小売電気事業者と既存電力会社

小売電気事業者

・コストが抑えられる
・色々なサービスがある

既存電力会社

・昔からある信頼性の厚さ
・電力のノウハウは他と比べ物にならないくらい高い

【新しい電力スタイル!】PPSのメリットを知ろう

作業員

電力自由化って?

小売電気事業者で電力を購入することができるようになった現代。それを「電力自由化」と言われています。今までは地域の大手電力業者しか選べなかったけど、まるでスーパーを選ぶように電力会社を自由に選べるようになったのです。自由に選べるメリットは、かなり多くあります。ちなみに電力自由化で得た電気は「PPS」と言われています。

女性

小売電気事業者で電気を買うメリット

最初に言えるメリットは、地域の大手電力会社よりも安く電力供給されることです。ある会社では電力コストが約180万円削減に繋がったケースもあります。またガソリン会社やガス会社なども電力販売している所も増え、ガスと電気を同じ会社にすることで割引されるサービスなどもあります。コスト削減するには電力自由化は必要です。

電力自由化のサービスを利用しよう

上記でも言ったセット割引などがある小売電気事業者を選ぶ場合、ガソリンと電気、ガスと電気など、自社で多く使うものと電気が一緒で契約できる会社を選ぶと濃いサービスを得ることができますよ。

広告募集中