【ビルの省エネはコスト削減になる】環境マネジメント

経営するなら環境問題も視野に入れる

経営は利益を伸ばすことを優先に考えていた時代もありました。それから徐々に、経営の方向性が利益を伸ばしつつ、環境にも気配りのできる企業が目立ってきました。その中でもビルの省エネ問題は特に考えられているのが現状です。

環境を守る当たり前に必要なこと

  • 電気を大事に使うこと
  • 水の無駄遣いを減らす
  • ゴミの分別

【ビルの省エネはコスト削減になる】環境マネジメント

ビル

現代の環境問題

昭和から今にかけて、経済は進化してきました。その進化の裏には大きなエネルギーが必要となります。そのエネルギーの中で最も重要なのが電気です。電気は生活に欠かせないのは誰でも知っていることです。工場の機械やパソコンにも必要です。でも、電気を無駄遣いすることで環境にも影響が出てしまい、CO2問題に繋がっていきます。

ビル

環境マネジメントとは

電気を一番多く使うのは企業になります。電気や水を節約したり、紙を使わずにペーパーレスにしたり、企業では色々な取り組みをします。その行動を持続するために、目的や目標を設定することが必要となります。それを「環境マネジメント」と言い、企業ではとても必要なシステムになります。

女性

エネルギーを見えるようにすることが大事!

省エネの取り組みをすることで、会社のコスト削減にも繋がり、環境にも優しいため多くの企業で行なわれています。しかし、たくさんの機械やパソコンなどの電気エネルギーを管理するのはとても大変です。その管理をしやすくするためには、電気エネルギーを管理するクラウドサービスが必要となります。タブレットで各電気エネルギーの使用状況や管理をすることが可能になります。

省エネをしている企業の声

ビル

社員一人一人の意識が会社の今後に繋がる!

今までの自社では「電気を使いっぱなし」「水流しっぱなし」でした。そのせいでコストがかかっており、とても良い経営といえませんでした。でも知り合いの企業では、コスト削減のために省エネを徹底することで、浮いたお金で新しい機械や社員のボーナスに回したそうです。そうすると、士気も生産数も上がったと言っていました。先月から始めた省エネですが、意識することでかなりコストダウンに成功しましたよ。社員皆が意識してくれて、会社も安泰です。

広告募集中